派遣・転職の仕事をお探しならウィルエージェンシー

インターンシップ 日記

1日目

はじめまして!本日より、ウィルエージェンシー IT・オフィスサポート新宿支店で、インターンシップをさせて頂くことになりました、柳川です。

当初のプログラムにない4日間コースを設けて頂きありがとうございます! 短い期間ですが、日々簡単に報告をさせて頂きます。

初日から営業同行を体験しました。 初めての経験で緊張しましたが、2点学ぶことができました。

一つは、営業は新規獲得だけでなく、既存取引先へ各種情報提供をしたり、現場にてスタッフのコーティングもしていることです。

二つ目は、私が労働法をかじっていることもありますが、派遣法の改正点を聞けたことが興味深かったです。

これから、よろしくお願いいたします♪

2日目

今日は登録説明会からスタッフ情報入力まで、内勤業務を体験しました。

登録の流れなどのビデオ説明から、タイピング試験、そして個人面談という過程に、参加出来ました。その中で最も興味深かったのが、個人面談です。

個人情報の確認や、支払サイクルの希望等、スタッフさんの情報に間違いないかどうかをしっかり確認していたところが印象的でした。また、仕事情報に詳しい社員さんと連携を取ったり、他支店に詳しい情報を取っていたりと、チームプレーで仕事をされており、一人でスタッフさんに向き合うわけではないことがわかりました。

今回のスタッフさんは一日でも早く仕事を始めたいという方だったので、仕事情報を1件でも多くご案内できるように努めたということでした。スタッフさんが置かれている状況は十人十色なので、それを考えて一人ひとりに対応される社員さんは素晴らしいと思います。私もそのような仕事をしたいと再度認識いたしました。

3日目のインターンシップでも、新たな発見ができるように目と耳をフル稼働させたいと思います。次回もよろしくお願いします。

3日目

今日は取引先にて、社内見学をさせていただきました。大手IT機器メーカーにて、ノートパソコンやデスクトップの修理から検査まで、一通りのラインを巡りました。初日に伺ったお客様も同様の業務をされていましたが、今回は規模が大きくて、工場のような雰囲気でした。

一番印象に残ったのが、修理の進捗状況をホワイトボードで分かりやすく提示しているところでした。何時までに誰がどのくらい修理を終えているのか、また、ノートパソコン部門全体とデスクトップ部門全体の修理の進捗状況もわかるようにしていました。朝に届いた商品を、当日の夜までに修理を終え、そのほとんどを出荷しなければならないため、常に進捗状況を明示しているようでした。

このメーカー様は、とにかく早くお客様の手元に届けて感動を与える方針のため、それに則ってお仕事をされているそうです。

また、修理が滞っているところは部門を超えて修理にあたる、とのお話だったので、会社一丸となって顧客満足度を上げる努力をなさっていたところも印象的でした。

最後に、前回の内勤で確認作業を怠らないことが重要であることを学びましたが、本日お伺いしたお客様先も何重に確認をされていたので、どの業界も確認作業は非常に大切なことだとわかりました。残りあと1日ですが、インターンシップの最終日も頑張りたいと思います。

4日目

今日は求人広告の作成と、スタッフさんへのお仕事紹介を行いました。

まず、求人広告の作成ですが、お客さまからの依頼情報をもとに必要事項を入力しました。そこではお客様が求める人物像やスキルを機械的に入力するのではなく、スタッフさんの目に留まりやすいような文言を考えてPRする必要があることを学びました。未経験でも大丈夫なのか、時給はいくらなのか、駅から近いか等、スタッフさんの目に留まりやすい文言の工夫をしていることが分かりました。

それに倣い、今回は「未経験OK」「サービスに関する電話対応」「研修・マニュアルあり」をキャッチコピーにしました。もちろん、求める人物像もお客さまからの要望に応じた内容を伝えつつ、少し柔らかい表現で伝えるように心がけました。

しかし、時間の都合上、最後まで完成させることができなかったので悔しかったです。この業務を通じて、普段目にするキャッチコピーやPR文章は、社員さん一人ひとりの個性が表れているところであることが分かったので、今後はもう少しじっくり見てみようと思いました。

次に、スタッフさんへのお仕事紹介を行いました。社員さんが作成してくださったトークスクリプトをもとに電話をしました。最初は社員さんとロープレを行い、少し慣らしてからのスタートだったので、スタッフさんへのお電話は比較的スムーズにできました。

しかし、実際に電話をしてみて難しかったことがあります。それは、スタッフさんによって声のトーンが違うのと、一回で多くの情報をお話しするので、一度で全ての内容を聞き取れないということです。その時は再度聞き直して、とにかく正確な情報を得るように努めました。

社員さんより、お客様が求めている募集人数に達するまで電話をかけ続ける執念のようなものを伺い、並大抵のものではない、ということを感じ取りました。

以上がインターンシップ最終日の報告です。

5日目

最後になりますが、これまで4日間多くの事を経験させて頂きました。このインターンシップを通じて、人材派遣の営業と内勤のイメージがわき、どちらも魅力的に感じることができました。本当に感謝しております。

ウィルエージェンシーの社員さん、たくさんお世話になりました。ありがとうございました。

PAGE TOP