派遣・転職の仕事をお探しならウィルエージェンシー

インターンシップ 日記

1日目

はじめまして! 本日より、ウィルエージェンシー ITOS新宿支店で、インターンシップをさせていただくことになりました、中原です。

基本プログラムは10日間×3時間コースでしたが、1日の時間を延長し4日間に調整いただきました。 短期間になりますが、日々の報告をしてまいります。よろしくお願いいたします!

初日は、オリエンテーションを通して、ウィルエージェンシーのことや人材派遣についての説明から始まり、目標設定や今後のスケジュールについて決めました。

その後、業務体験が始まり、まずは、登録選考会を見学しました。

続いて、求人原稿の作成を行いました。求人内容を調査し、他の原稿も参考にしながら作りました。実際の掲載まで体験させて頂きました。

クライアントの欲しい人物像と応募者像を一致させることが難しかったです。作成後にフィードバックを頂き、どのように考えていけばよいか少し分かりました。 今日学んだことを明日の業務に生かしていきたいと思います。

2日目

本日は大きく分けて求人原稿の作成と営業同行の二つの業務を行いました。

最初は昨日に続き求人原稿の作成を行いました。昨日、インターンシップ担当の方と原稿作成を担当する方に指摘いただいた強調すべきところと、ぼかすところをはっきりさせることを意識しつつ、指摘をただそのままおこなう作業にならないように気を付けながら作成しました。

合格点をいただくことができ、昨日の経験を生かすことができたと感じました。しかし、それらをよりスピーディーに行えるようになることに課題があると思いました。

午後は顧客先へ同行訪問させていただきました。人生初の営業訪問です。商材が「モノ」ではなく、「ヒト」である人材業界ならではの難しさが感じられました。

いろいろなことがあっても冷静に対処するインターンシップ担当の姿を拝見し、見習うべきことが多くあることを再認識し、残りの二日間もできるだけ多くのことを吸収していきたいと思いました。

3日目

本日は登録者への仕事紹介メールと新規営業のリスト作成の2つの業務を主に行いました。

まず、登録者への仕事紹介メール業務を取り組むにあたって、「紹介する仕事にどうしたら興味をもっていただけるか」を意識して行いました。自分に向けられた仕事紹介であるという特別感を持ってもらうためにフレーズを挟むなど工夫できたことは、担当官に褒めて頂きました。その反面、業務内容を分かりやすくまとめた文面にすることや、読み手にこちらの意図が伝わるような文面にするなどは、足りない面も多々ありました。相手の気持ちや人物像を常に意識していけるように努力していきたいと思います。

次に、新規営業のリスト作成ですが、不慣れなこともあり、正直、この三日間で最もきつい作業に感じました。しかし、これがテレアポやその先の営業への第一歩であることを考えれば、とても重要な作業であると思います。そのような単純作業にも全力で取り組んでいけるようなモチベーションを持っていきたいと思いました。

最終日

最終日は主にテレアポと営業同行の業務を行いました。まず、テレアポに関しては、発信先の企業の方から叱咤の洗礼を受けてしまい、少し心が折れそうになりました。しかし、昼食の際にインターンシップ担当の方や先輩社員にコツや秘訣をお聞きし、またいつかテレアポをすることがあれば活かしたいと思いました。

次に営業同行についてですが、今回は前回と別の営業の方と同行させていただきました。

営業先では三人の方がおり、それぞれ質問をされるような面談でした。 どのような方を求めているのか面談の中で探れるように意識して参加いたしました。

最後になりますが、今回のインターンシップに参加させていただいたことで、自分がどんな業務に関心があり、やりがいを感じるのか、その一端を知ることができました。 4日間という短い期間でしたが、誠にありがとうございました。

PAGE TOP