派遣・転職の仕事をお探しならウィルエージェンシー

インターンシップ インタビュー

当社でインターンシップを受けたいと思ったきっかけは何ですか?
きっかけは2つあります。 1つ目のきっかけは、働くことへの不安からです。大学での学びが実際の仕事に役立つとは思えていなかったですし、働くことは大変、生きていくために働かなければ・・・と、社会で働くことへのイメージが悪かったので、大学時代に少しでも早く実際の仕事を体験し、不安を解消できればと思ったからです。2つ目のきっかけは、ウィルエージェンシーの派遣スタッフとして現場で働いていて、その裏側の様子が気になり、人材サービス業界のしくみを知りたいと思いインターンシップに参加させていただきました。
インターンシップのきっかけ
インターンシップに参加する前に期待していたことはどんなことですか?
インターンシップに参加する前に期待していたことは、自分が経験したことのない経験をさせてもらえるということです。今までに2つのインターンシップを経験させていただきましたが、どちらも現場作業がほとんどでした。しかし、今回のインターンシップは、デスクワークやテレフォンアポイントなど、何もかも経験したことがないので、新しい経験ができることに期待していました。また、実際に業務を経験させてもらえるということで社会人として働くためのスキルアップも期待していました。
インターンシップへの期待
インターンシップをしていて面白かったことや、やりがいを感じたことを教えてください。
テレフォンアポイントです。なぜなら今回のインターンシップで一番時間をかけたからです。リストづくりから始まって、テレフォンアポイントのトークスクリプトを作成し、ロールプレイングを行って、テレフォンアポイントを実施しました。テレフォンアポイントをするためにこれだけ多くのことをやってきました。実際にアポイントをとることはできませんでしたが、資料の郵送ならいいという成果はあげることができました。指導員の方と入念にロールプレイングを行ってからテレフォンアポイントを行いましたが、初めは緊張してうまくしゃべることができませんでした。しかし、テレフォンアポイントが終わるたびにアドバイスをもらい、その通りに実践しいくうちにうまく話せるようになり、楽しいと思うようにもなりました。回数を重ね、より多くの経験をすることで自分のスキルアップにつながるということも同時に実感できてよかったです。
インターンシップの面白いこと
河野さんから見る当社・人材会社とは?
私にとって会社という組織は未知の世界であり、まだ何も分からない状態で、ウィルエージェンシーの派遣スタッフとして実際に現場で働いていました。そのときは、たまに支店の社員さんを見かけて話したり電話で話すことがありましたが、とても忙しそうというイメージで大変な業界だと思っていました。しかし、インターンシップ参加後は、とても楽しい業界だと思うようになりました。なぜなら、取引先は他の業界と比較しても幅広いためどの業界で働くよりも、より社会の動向が目に見えて楽しいからです。また、取引先の方々やスタッフさんなど多くのいろんな人と関われることができるのも楽しい業界と思いました。
ウィルエージェンシーの印象
当社のインターンシップに参加して何か得られましたか?
仕事は大変だけど楽しいという気持ちを得ることができたことです。今までは、なんとなく社会人は大変そう、仕事って生きていくために仕方なくやるものと感じていました。ところが、インターンシップを経験することで仕事って楽しいという気持ちになりました。それは、社員さんの教えや人柄にふれることができたおかげです。
インターンシップで得たもの
インターンシップの経験は、その後の学生生活や就職活動に役立ちそうですか?
インターンシップでテレフォンアポイントを経験して初めはうまく話すことができずに、落ち込みました。しかし、そんな私に社員さんが「テレフォンアポイントはゲームみたいなもの。キャラクターに様々な経験を積まして成長させてクリアしていくのと同じで、テレフォンアポイントでは、失敗を経験とし、自分自身を成長させ、アポイントをとっていこう」と声をかけていただきました。そこから私は、ポジティブに物事を考えていこうと思うようになりました。これからの学生生活や就職活動で多くの失敗をすると思いますが、失敗を経験とし、自分のスキルアップにつながるものとポジティブに頑張っていこうと思います。
経験は役立つか?
最後にひとこと。
インターンシップに参加させていただいて本当に良かったと思っています。もし、またインターンシップを経験させていただける機会があるのなら、ぜひ、参加させていただきたいです。本当にありがとうございました。
ひとこと・感想
PAGE TOP