派遣・転職の仕事をお探しならウィルエージェンシー

インターンシップ 日記

1日目

はじめまして!河野です。本日より、ウィルエージェンシー梅田支店で、インターンシップをさせて頂くことになりました。

10日間と短い期間ですが、日々簡単に報告をさせて頂こうと思います。

今日は目標設定や今後のスケジュールなど、指導員の方とお話いたしました。

これから、よろしくお願いいたします♪

2日目

今日は、職場巡回にてスタッフさんとのカウンセリングに同席しました。

職場(派遣先)は、インターンシップ先の事務所と違った緊張感がありました。

カウンセリングの場を設ける際は、スタッフさんへ事前に質問事項を考える時間を作るなどの配慮がなされており、人を扱う仕事なので、信頼関係が第一だと実感しました。

指導員より、「売上よりもまずは信頼関係が大事、売上はそのあとに自然と付いてくる」という言葉があり、売上が第一と考えていた私の考え方が変わった一日でした。

3日目

今日は、営業リストを作成するための調査を行い、30件探すという目標を設定しました。

いろいろな所で求人情報を得られますが、仕事内容や給料、勤務地、時間帯など様々な条件を見分けなければならないので、予想以上に苦戦し、時間がかかってしまいました。

その後、求人情報から電話番号を調べる作業を行うものの、こちらも時間がかかってしまいました。

業務を通じて痛感したのは自分のパソコンスキルが未熟である、ということです。パソコンスキル向上の重要性を実感しました。

今日は自分の弱点が分かった濃い内容の一日でした。

4日目

今日は、登録説明会を参加者と一緒に受けました。

当社のこと、当社と取引先とスタッフの三角関係、給料や福利厚生、イレギュラー行為といった様々なことをビデオ案内の後に説明していました。

この説明会でスタッフさんにきちんと内容を理解してもらわないと、後でトラブルにつながる可能性もあるので、説明者本人が一番理解してきちんとわかりやすく説明しなければならないと思いました。

その後は、求人情報から電話番号調べを行った。前回は住所をそのままパソコンに打ち込み調べており時間を多くかけてしまったので、今回は求人票からキーワードを探し、調べていった。それにより前回よりスムーズに作業することができた。

また、説明会のような人前で話すことは、人を率いるという意味で重要な力だと思いました。

その後は、求人情報から電話番号調べを行った。前回は住所をそのままパソコンに打ち込み調べていたため時間を多くかけてしまったので、今回は求人票からキーワードを探し、調べていった。それにより前回よりスムーズに作業することができた。

このような修正は仕事を効率よく進める上で重要だと実感した。

前回のインターンシップより少しずつ成長していると実感している。

5日目

今日は、求人情報誌を使って営業リスト作りを行いました。

私自身は、情報誌をアルバイト探しにしか使ったことがなく、読んだらすぐ捨てていました。

ところが、今回インターンシップ生として読んでみると、身近な所にしかも無料でたくさんの情報が得られるので、これほどまでありがたいものはないと思いました。

多くの情報から選別しなければならないので見分ける力が必要と感じ、この力を身に付けるため、普段から情報誌を目にして経験を積んでいこうと思いました。

エクセルにリストアップをし、そうすることで各求人情報の比較や特徴などがすぐに判断できるので‘目に見える‘ようにすることは重要だと思いました。

またエクセルの使い方を指導員に教えていただき、パソコンスキルを向上させなければならないと今日も実感しました。

人材サービス業は、コミュニケーション力などの対人スキルのほかに、パソコンなどの事務スキルも当然のように必要とする大変な業界だと思います。

しかし、それと同時にものすごくやりがいのある仕事だと感じました。

6日目

今日は、テレフォンアポイントを行うためのトークスクリプトを作成しました。

作成にあたっては、インターネットで色々と調べて作成するも、中々、言葉が思い浮かばず苦戦しました。

指導員にアドバイスをいただきながら、文面を完成させることができました。

テレアポをする際は相手様に絶対に失礼があってはいけないため、特に言葉遣いには気をつけて文面作りに取組みました。

また、すでに他の派遣会社を使っている場合もあり、他社との違いについて聞かれることも予想ができるので当社の強みも考えました。

しかし、文面通りに事が進むはずはないので、そういった状況をいかに上手く対応できるかが、テレアポ成功のカギになってくると思います

次回は、指導員とテレアポのロールプレイングをするので本番の気持ちで取り組んでしっかり身に付けたいです。

7日目

今日は、ウィルエージェンシーの人事の方とお話をさせていただきました。

1時間程度お話しいたしましたが、自分の目標に向かってさらに頑張っていこうと思った貴重な時間でした。

当社の入社試験には筆記テストがあるらしいので、今回、インターンシップで学ばせてもらっていること以外に、一般常識なども勉強していかなければならないことが分かりました。

さらにその後には、面接が二回以上控えているので面接対策も怠らないようにしていきたいと思います。

インターンシップも残り3日なので限られた時間の中でより多くのものを学べるよう、今まで以上に本腰を入れて頑張っていきます。

8日目

今日は、指導員と二時間半みっちりとテレアポのロープレを行いました。

初めは、棒読みになってしまっていましたが、回数を重ねるごとにスムーズに話していけるようになりました。

ロープレをしている中で、すんなり成功する時としない時があります。

すんなりいかない時は、相手から質問され会話がぎこちなくなることが多かったです。

そうならないために、事前にリサーチを入念に行い、どのような質問にも自然に対応できるようにならないといけないと実感しました。

また、かたくなに断られる以外は、あきらめずに都合のつけ易い時間を聞いたり有効な情報を得て、次につなげることが大事ということが分かりました。

二時間半、テレアポのロープレを行って、トークスクリプトの手直しもたくさん行いました。

今日でテレアポのトークスクリプトがよりよいものに変わっていったと思います。ロープレの大事さも理解した一日でした。

9日目

今日は、実際にテレアポを行いました。

テレアポを経験して、初めはうまく話すことができずに落ち込みました。

しかし、そんな私に営業の方が「テレフォンアポイントはゲームみたいなものと考えよう。

キャラクターに様々な経験を積ませ成長させてクリアしていくのと同じで、テレフォンアポイントでは、失敗を経験とし、自分自身を成長させ、アポイントをとっていこう」と声をかけていただきました。

そこから私は、ポジティブに物事を考えていこうと思うようになり、より多くの電話をかけることができるようになりました。

だんだん電話をかけていくうちに、自分でもうまくなっているなと思っていると、指導員に「うまくなったね」と言っていただき、さらに実感できました。

今日の経験は今までのインターンシップの中で一番濃いものでした。

この経験を生かし、何事も失敗を恐れずに挑戦していきたいです。

10日目

今日は、インターンシップの最終日ということで、レポートの作成や指導員の方との面談を行いました。

フィードバック面談にて、私の足りない点や良い点などお話頂きました。

インターンシップを振り返ってみると、参加する前は、支店と現場の社員さんの姿を見て、とても忙しそうで、そのイメージが強く、大変な業界だと思っていました。

しかし、インターンシップ参加後は、大変な業界ではありますが、楽しい業界だと思うようになりました。

その理由は、取引先が他の業界と比較しても幅広いため、他の業界で働くよりも、より社会の動向が目に見えて楽しいからです。

インターンシップに参加させていただいて、働くということに良いイメージができました。

参加させていただいて本当に良かったと思っています。

もし、またインターンシップを経験させていただける機会があるのなら、ぜひ、参加させていただきたいです。

本当にありがとうございました。

PAGE TOP